LINE連携

最終更新日:

LINE公式アカウント(LINE@)と連携するには、予めLINE公式アカウント(LINE@)で
Messaging APIアプリをご作成いただく必要があります

外部連携の設定を作成する

【Chatを開く】ボタンをクリックし、Chat機能を開いてください。

「外部サービス連携」画面を開き、【LINEで連携する】をクリックします。

「LINE外部サービス連携設定」画面が表示されますので、
まずはLINE公式アカウント(LINE@)とチャットボットを連携させるための情報を入力します。

項目説明
LINE@アカウント 連携させるLINE公式アカウント(LINE@)のアカウント名を入力してください。
ユーザーには見えませんので、ご自身が識別するための任意の名前で構いません。
チャットボット 「チャットボットを選択してください」と表示されているプルダウンから、連携させたいチャットボットを選んでください。
※チャットボットは予め作成しておく必要があります。

LINEアカウントの情報を入力する

ご自身のLINE developersにログインし、連携したいプロバイダーのMessaging APIを開いてください。
「チャネル基本設定」の情報を参照しながら、「LINE外部サービス連携設定」の下記部分を入力してください。

項目説明
Channel id チャネル基本設定 > 基本情報 内の Channel ID を入力してください。
Channel secret チャネル基本設定 > 基本情報 内の Channel Secret を入力してください。
Channel access tokenチャネル基本設定 > メッセージ送受信設定 内のアクセストークン(ロングターム)を入力してください。

ここまで入力したら、画面右下の【更新する】ボタンをクリックしてください。
外部サービス連携画面に、登録した項目が表示されます。

その項目の【🔍表示】を押して詳細を表示し、Callback urlをコピーしておきましょう。

外部連携の設定を作成する

LINE公式アカウント(LINE@)側にも、Callingと連携させるための設定が必要です。
先ほど参照したLINE developersの「チャネル基本設定」で、下記の設定を行ってください。

項目説明
メッセージ送受信設定
> Webhook送信
「利用する」に設定してください。
メッセージ送受信設定
> Webhook URL
作成したLINE外部サービス連携設定画面のCallback urlを入力してください。
設定後、「接続確認」ボタンをクリックし、「成功しました。」と表示されるのを確認してください。

注意事項
・設定できない場合、入力した内容の頭に「https://」が付いていれば、削除して再度お試しください。
LINE@機能の利用
> 自動応答メッセージ
「利用しない」に設定してください。
(LINE Official Account Managerの場合は、「応答メッセージ」をオフにしてください)
LINE@機能の利用
> 友だち追加時あいさつ
「利用しない」に設定してください。
(LINE Official Account Managerの場合は、「あいさつメッセージ」をオフにしてください)

これで、LINE連携の設定は完了です。

実際にLINEで動作確認を行う

LINEを使ってチャットボットの動作確認を行うためには、
まず任意のLINEアカウントで、連携設定したLINE公式アカウント(LINE@)と友だちになる必要があります。
LINE developersの「チャネル基本設定」>「LINEアプリへのQRコード」から
QRコードを読み込むと、友だちになることができます。

友だちになると、LINEアカウントには連携したチャットボットの挨拶シナリオのメッセージが届きます。

また、CallingのChat画面から、友だちになったLINEアカウントとメッセージをやりとりすることができます。