通信が安定しない場合の対処について

最終更新日:

CallingはWebRTCという技術を利用しており、ネットワーク・ハードウェア・ソフトウェアなどの環境の影響を受けます。
様々な要因にて Callingが不安定となるため、このページでは不具合発生時の一般的な対処についてご案内致します。

Calling不安定時の対処

①【Meeting】「ルーム設定」から通信品質を下げてのご利用をお試しください。
⇒Callingでは撮影した動画をリアルタイムに送受信しており、高画質なデータほどネットワーク負荷が高くなります。
お使いのネットワーク環境が安定しない場合、通話品質を下げることでCallingの動作が安定するケースがあります。

 

②【Meeting】【Sales】カメラOFFでのご利用をお試しください。
⇒Callingでは上り通信(アップロード)下り通信(ダウンロード)を同時に行うことでビデオ通話を実現しております。
カメラをOFFにすることで映像送信者の上り通信と映像受信者側の下り通信が節約できるため、Callingの動作が安定するケースがあります。

 

③【Meeting】会議室「カメラON・OFF」の初期設定をOFFにご設定ください。
⇒会儀開始時に通信量が急上昇するのを防ぐことが出来るため、Callingの動作が安定するケースがあります。

 

④【Meeting】【Sales】Calling以外のサービスを終了してください。
⇒パソコンの処理能力を他のアプリケーションに取られないため、Callingの動作が安定するケースがあります。
特にネットワーク接続するアプリケーションは効果が見込めます。

 

⑤【Meeting】【Sales】GoogleChromeでの使用をお試しください。
⇒CallingはWebRTCという世界標準の技術を利用しており、GoogleChromeがもっとも親和性の高いブラウザと言われています。
Callingは他のブラウザにも対応しておりますが、Google Chromeで利用することで比較的安定利用することが出来ます。

⑥【Meeting】【Sales】使用しているブラウザのバージョンを最新版に更新してください。
⇒CallingはWebRTCという技術を利用しており、古いブラウザではWebRTCがサポートされていません。
またブラウザを更新することでブラウザが持つ様々な不具合が解消されるため、Callingの動作が安定するケースがあります。

 

⑦【Meeting】【Sales】パソコンを再起動してください。
⇒パソコン自体の不調が解消されるため、 Callingの動作が安定するケースがあります。
特に長期間パソコンを終了していない場合(ノートパソコンのモニターを閉じるだけ等)には
メモリー参照系のトラブルが発生しやすい状況になります。
Callingに限らず快適にパソコンをお使いいただくためにも定期的な再起動をお勧めします。

 

⑧【Meeting】【Sales】OSに最新のパッチを適用してください。
⇒Callingはネットワークを利用しているため、OSのセキュリティ状態を最新化することでCallingの動作が安定するケースがあります。

 

⑨【Meeting】【Sales】有線LANでのご利用をお試しください。
⇒Clallingはネットワークを利用しているため、不安定な通信環境では悪影響を受けてしまいます。
安定した通信環境である有線LANをご利用いただくことで、Callingの動作が安定するケースがあります。

 

⑩【Meeting】【Sales】アプリ版をお試しください。
スマートフォン・タブレット端末をお持ちの場合、アプリをインストールする事でご利用可能です。
⇒パソコンとスマートフォン・タブレット端末では、ネットワーク・ハードウェア・ソフトウェアの環境が全く異なります。
パソコン版での動作が安定しない場合でも、スマートフォン・タブレット端末では問題なく利用できるケースがあります。
※Salesについてはゲストユーザー側のみ対応
iPhone用アプリ

Android用アプリ