「カメラとマイクは他のアプリに使用されています。」と表示される

最終更新日:

WindowsではOS内部の処理として、同じカメラ・マイクを複数のアプリケーションからアクセスしない様制御しています。
Calling起動時に「カメラとマイクは他のアプリに使用されています。」と表示された場合、
まずはCalling以外に動作しているアプリケーションをご確認ください。

他にアプリケーションを起動していないにも関わらず該当メッセージが表示される場合、
パソコンが正しくカメラ・マイクを認識していない可能性があるため
このページではパソコンにカメラ・マイクを再認識させる手順をご案内いたします。

カメラを再認識させる

「Windows」キー+「R」キーを押下してください。
「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが立ち上がるので「devmgmt.msc」と入力し【OK】をクリックします。

 

「デバイス マネージャー」ウィンドウが立ち上がるので「イメージング デバイス」から再認識させたいカメラを右クリックしてください。
ポップアップが表示されるので「無効」をクリックします。

 

警告メッセージが表示されますが【はい】を選択して確定してください。

 

パソコンを再起動してください。

 

パソコンが立ち上がったら再度「Windows」キー+「R」キーを押下してください。
「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが立ち上がるので「devmgmt.msc」と入力し【OK】をクリックします。

 

「デバイス マネージャー」ウィンドウが立ち上がるので「イメージング デバイス」から再認識させたいカメラを右クリックしてください。
ポップアップが表示されるので「有効」をクリックします。

マイクを再認識させる

画面右下の「スピーカーマーク」を右クリックして【サウンド】を選択します。

 

「録音タブ」から「再認識させたいマイク」を右クリックして【無効化】を選択します。

 

パソコンを再起動してください。

 

再度画面右下の「スピーカーマーク」を右クリックして【サウンド】を選択します。

 

「録音タブ」から「再認識させたいマイク」を右クリックして【有効】を選択します。