ブラウザ上でカメラ・マイクの使用を許可する(Firefoxの場合)

最終更新日:

Callingでのビデオ通話では、パソコンに接続されているカメラ・マイクを利用して通話します。
お使いのブラウザの設定によってはカメラ・マイクの使用が許可されていない場合があり、
そのままですと双方向の情報やり取りを行う事が出来ません。
このページではブラウザの設定を変更してカメラ・マイクの利用を許可する方法をご案内します。

カメラ・マイクの使用を許可する

カメラ・マイクの利用を許可していない状態で「Calling Meeting」「Calling Sales」にアクセスすると画面中央に
カメラ/マイクを許可する必要がある旨の警告が表示されます。

 

この時Firefoxでは、アドレスバー左端に「使用不可マーク」が表示されています。
※パソコンにカメラ・マイクの機器がつながっていない場合には表示されません。

 

該当の「使用不可マーク」をクリックするとカメラとマイクの状況が確認できます。
「一時的にブロック」の右にある【Xボタン】をクリックしてください。

 

設定変更後に【ルームに接続する】をクリックします。

 

カメラ・マイクの使用許可を求める画面が出るので、
使用するカメラ・マイクを選択して【許可する】をクリックしてください。

 

カメラ・マイクを許可しないまま利用する場合

双方向の情報やり取りを行う事はできませんが、一方向にのみ配信するだけであればカメラ・マイクを許可しないまま
ビデオ通話を行うことが出来ます。
画面中央に表示されている【カメラ/マイクを許可せずにルームに接続する】ボタンをクリックしてください。