トークスクリプト機能を使う

最終更新日:

資料共有時、資料のアップロード者のみに表示されるトークスクリプトという機能があります。
このページではトークスクリプトの準備方法と使用方法をご案内します。

トークスクリプト機能の準備方法

トークスクリプトを添付したい資料の【編集】を選択します。(共有資料アップロードの際にそのままトークスクリプトを設定する事も可能です)

 

「資料を編集」ウィンドウの【トークスクリプトを選択する】を押下し、添付するトークスクリプトファイルを選択してください。

 

トークスクリプトが添付された資料には「トークスクリプト指定済」と表示されます。

トークスクリプト機能の使用方法

トークスクリプトを設定した資料を資料共有すると、資料共有実行者の画面にのみトークスクリプトウィンドウも表示されます。
トークスクリプトウィンドウのヘッダ部分(①)をドラッグする事でウィンドウの表示位置を移動させることが出来ます。
またトークスクリプトウィンドウの淵部分(②)をドラッグする事でウィンドウのサイズを変更させることが出来ます。

 

トークスクリプトウィンドウのヘッダにある「透過」ゲージ(③)を調整する事で、トークスクリプトウィンドウを半透明にすることが出来ます。
トークスクリプトは共有資料と連動しており、資料のページが変更されると連動してトークスクリプトのページも切替ります。
ただしトークスクリプトウィンドウ内の「←」「→」マーク(④)をクリックする事でトークスクリプトのみの表示ページを遷移させることも出来ます。
また、トークスクリプトウィンドウ右下にある「+」「-」の虫眼鏡マークをクリックする事でトークスクリプトの拡大・縮小を行う事が出来ます。

 

トークスクリプトを非表示(または再度表示)にしたい場合は画面左端にある資料共有アイコンの一覧から【トークスクリプト】ボタンを押下してください。