資料共有機能の使い方(スマートフォン)※ゲストユーザー側のみ

最終更新日:

資料共有機能の使い方(スマートフォン)

企業ユーザーが共有した資料は、スマートフォンアプリからも閲覧・操作することが可能です。
※スマートフォンアプリにて入室しているユーザーはゲストユーザーとなり、自ら資料を共有することはできません。

【ツールアイコン説明】

●資料共有画面

【カーソル】:左クリック中の軌跡を画面に残す

【ペンツール】:共有中の資料に対し自由に書き込みを行う

【直線ツール】:共有中の資料に直線を引く

【パレット】:【カーソル】【ペンツール】【直線ツール】の線の色を選択する

【太さ選択】:【カーソル】【ペンツール】【直線ツール】の線の太さを選択する

【ひとつ戻る】:ひとつ前の動作に戻る

【ひとつ進む】:「ひとつ戻る」で戻した状態を解除してひとつ先の状態に進む

【全消し】:ペンツールで書き込んだものを一括で削除する

【ページ戻し】:一つ前のページに戻る

【ページ送り】:次のページに進む

【チャットを開く】:チャット画面を開く(資料は非表示となるが資料共有機能は終了しない)

【資料を非表示にする】:共有されている資料非表示にし、通話画面に戻る(資料は非表示となるが資料共有機能は終了しない)

【通話終了】:Meeting通話画面を閉じる

 

【共有資料非表示時の再表示手順】

通話画面右下の3点リーダーのマークをタップします。

ポップアップメニューから【資料共有】ボタンをタップしてください。

企業ユーザーが資料共有を行っている最中であれば、資料共有画面に遷移します。
企業ユーザーが資料共有を行っていない場合、【資料は共有されていません】と表示されます。