外部サービス連携画面

最終更新日:

外部サービス連携画面


1【Chatboxで設定】:「Chatbox設定」画面を立ち上げWebサイトにChatbotを配置することができます。
2【LINEで連携する】:「LINE外部サービス連携設定」画面を立ち上げLINE公式アカウントとChatbotを連携させることができます。
3【Messengerで連携】:「Messenger外部サービス連携設定」画面を立ち上げFacebookアカウントとChatbotを連携させることができます。
4【Skypで連携】:「Skype外部サービス連携設定」画面を立ち上げSkypアカウントとChatbotを連携させることができます。
5【フリーワード検索】:アカウント名などで連携済みアカウントを検索できます。
6【表示】:連携済みのアカウントの確認、編集を行う事が出来ます。(※各「外部サービス連携設定」画面参照)

7【ホーム画面】:ホーム画面に移動します。
8【Meeting/Sales】:Meeting・Sales機能の画面に移動します。
9【Chat】:Chat機能の画面に移動します。
10【Chatbot】:Chatbotの作成・編集画面に移動します。
11【お知らせ】:Callingからのお知らせを表示します。
12【サポートページ】:サポートページを開きます。
13【設定】:ワークスペースやメンバーの管理が行えます。閲覧・編集できる範囲は自身の権限によって異なります。
14【アカウント管理】:ログイン中アカウントのプロフィール編集やログアウトを行います。

15【ダッシュボード】:チャットメッセージのやり取りや、確認を行う事が出来ます。
16【メッセージ配信】:SNSサービスから問合せのあったコンタクトユーザーに対してメッセージを一括配信する事ができます。
17【ユーザー一覧】:コンタクトユーザーの一覧を表示します。
18【外部サービス連携】:作成したChatbotを外部サービスと連携します。
19【設定】:ステータスの定義やブロック中ユーザーの管理等を行います。

Chatbox設定 画面(アイコン タブ)

1【連携アカウント名】:配置するチャットに名前を付与します。
2【チャットボットを選択してください】:作成済Chatbotの中から配置するChatbotを選択します。
3【アイコン】:「アイコン」タブを開きます。
4【チャットパネル】:「チャットパネル」タブを開きます。
5【メニュー設定】:「メニュー設定」タブを開きます。
6【埋込みコード】:「埋込みコード」タブを開きます。
7【アイコン画像】:画像をアップロードすることで、配置するChatbotのアイコンを変更する事が出来ます。
8【吹き出し】:Webサイトに配置したChatbotアイコンに吹き出しメッセージを付与する事が出来ます。
9【未読メール通知】:Chatの未読メッセージがある場合、指定したメールアドレスに通知メールを送信します。
10【通知サイクル】:未読メッセージの通知メールを送信するサイクルを指定します。
11【キャンセル】:設定した内容を反映せずに「Chatbox設定」画面を閉じます。
12【更新する】:設定した内容を反映して「Chatbox設定」画面を閉じます。

Chatbox設定 画面(チャットパネル タブ)

1【連携アカウント名】:配置するチャットに名前を付与します。
2【チャットボットを選択してください】:作成済Chatbotの中から配置するChatbotを選択します。
3【アイコン】:「アイコン」タブを開きます。
4【チャットパネル】:「チャットパネル」タブを開きます。
5【メニュー設定】:「メニュー設定」タブを開きます。
6【埋込みコード】:「埋込みコード」タブを開きます。
7【自分のアイコン画像】:画像をアップロードすることで、チャット中の企業ユーザー側アイコンを変更する事が出来ます。
8【ユーザーのアイコン画像】:画像をアップロードすることで、チャット中のゲストユーザー側アイコンを変更する事が出来ます。
9【チャットパネルのロゴ画像】:画像をアップロードすることで、チャットパネル上部のロゴを変更する事が出来ます。
10【チャットパネルの色】:チャットパネルの色を任意に変更する事が出来ます。
11【未読メール通知】:Chatの未読メッセージがある場合、指定したメールアドレスに通知メールを送信します。
12【通知サイクル】:未読メッセージの通知メールを送信するサイクルを指定します。
13【キャンセル】:設定した内容を反映せずに「Chatbox設定」画面を閉じます。
14【更新する】:設定した内容を反映して「Chatbox設定」画面を閉じます。

Chatbox設定 画面(メニュー設定 タブ)

1【連携アカウント名】:配置するチャットに名前を付与します。
2【チャットボットを選択してください】:作成済Chatbotの中から配置するChatbotを選択します。
3【アイコン】:「アイコン」タブを開きます。
4【チャットパネル】:「チャットパネル」タブを開きます。
5【メニュー設定】:「メニュー設定」タブを開きます。
6【埋込みコード】:「埋込みコード」タブを開きます。
7【メニュー名】:フルスクリーンチャット画面左下に配置するメニューの名称を設定します。
8【URL】:フルスクリーンチャット画面左下に配置するメニューをクリックした際のリンク先URLを指定します。
9【+追加する】:メニューを追加します。
10【未読メール通知】:Chatの未読メッセージがある場合、指定したメールアドレスに通知メールを送信します。
11【通知サイクル】:未読メッセージの通知メールを送信するサイクルを指定します。
12【キャンセル】:設定した内容を反映せずに「Chatbox設定」画面を閉じます。
13【更新する】:設定した内容を反映して「Chatbox設定」画面を閉じます。

Chatbox設定 画面(メニュー設定 タブ)

1【連携アカウント名】:配置するチャットに名前を付与します。
2【チャットボットを選択してください】:作成済Chatbotの中から配置するChatbotを選択します。
3【アイコン】:「アイコン」タブを開きます。
4【チャットパネル】:「チャットパネル」タブを開きます。
5【メニュー設定】:「メニュー設定」タブを開きます。
6【埋込みコード】:「埋込みコード」タブを開きます。
7【コード】:Webサイトに設置するためのソースコードをコピーします。
8【フルスクリーンチャットURL】:フルスクリーンでのチャットページを開きます。
9【動作確認ページURL】:ウィンドウチャットページの動作確認ページを開きます。
10【未読メール通知】:Chatの未読メッセージがある場合、指定したメールアドレスに通知メールを送信します。
11【通知サイクル】:未読メッセージの通知メールを送信するサイクルを指定します。
12【キャンセル】:設定した内容を反映せずに「Chatbox設定」画面を閉じます。
13【更新する】:設定した内容を反映して「Chatbox設定」画面を閉じます。

LINE外部サービス連携設定 画面

1【連携アカウント名】:配置するチャットに名前を付与します。
2【チャットボット選択】:作成済Chatbotの中から配置するChatbotを選択します。
3【Callback url】:LINE@の管理画面に登録するCallback urlをコピーします。
4【Channel id】:LINE@の管理画面から取得したChannel idを設定します。
5【Channel secret】:LINE@の管理画面から取得したChannel secretを設定します。
6【Channel access token】:LINE@の管理画面から取得したChannel access tokenを設定します。
7【未読メール通知】:Chatの未読メッセージがある場合、指定したメールアドレスに通知メールを送信します。
8【通知サイクル】:未読メッセージの通知メールを送信するサイクルを指定します。
9【キャンセル】:設定した内容を反映せずに「LINE外部サービス連携設定」画面を閉じます。
10【更新する】:設定した内容を反映して「LINE外部サービス連携設定」画面を閉じます。

Messenger外部サービス連携設定 画面

1【連携アカウント名】:配置するチャットに名前を付与します。
2【チャットボット選択】:作成済Chatbotの中から配置するChatbotを選択します。
3【Callback url】:Messengerの管理画面に登録するCallback urlをコピーします。
4【Verify token】:Messengerの管理画面に登録するVerify tokenをコピーします。
5【Page access token】:Messengerの管理画面から取得したPage access tokenを設定します。
6【App secret】:Messengerの管理画面から取得したApp secretを設定します。
7【未読メール通知】:Chatの未読メッセージがある場合、指定したメールアドレスに通知メールを送信します。
8【通知サイクル】:未読メッセージの通知メールを送信するサイクルを指定します。
9【キャンセル】:設定した内容を反映せずに「Messenger外部サービス連携設定」画面を閉じます。
10【更新する】:設定した内容を反映して「Messenger外部サービス連携設定」画面を閉じます。

Skype外部サービス連携設定 画面

1【連携アカウント名】:配置するチャットに名前を付与します。
2【チャットボット選択】:作成済Chatbotの中から配置するChatbotを選択します。
3【Callback url】:Skypeの管理画面に登録するCallback urlをコピーします。
4【Secret id】:Skypeの管理画面から取得したSecret idを設定します。
5【Application id】:Skypeの管理画面から取得したApplication idを設定します。
6【未読メール通知】:Chatの未読メッセージがある場合、指定したメールアドレスに通知メールを送信します。
7【通知サイクル】:未読メッセージの通知メールを送信するサイクルを指定します。
8【キャンセル】:設定した内容を反映せずに「Skype外部サービス連携設定」画面を閉じます。
9【更新する】:設定した内容を反映して「Skype外部サービス連携設定」画面を閉じます。