デバイス設定画面で指定したマイクと動作するマイクが異なる

最終更新日:

パソコンにイヤホンマイクを接続し、デバイス設定画面から接続したイヤホンマイクをマイクデバイスとして設定したにも関わらず
パソコン内蔵マイクが動作する場合があります。
これはOS側の制御が原因の可能性があるため、以下ご確認ください。

Windows10の場合

Windows7からWindows10にアップグレードしてお使いの場合に発生する可能性があります。
デバイスマネージャー画面からオーディオデバイスのドライバを一度アンインストールし、再度インストールする事で問題が解消する場合があります。
詳細はMicrosoft問合せフォーム(英語)をご確認ください。

MacOSの場合

2018年以降に発売したMacモデルをお使いの場合に発生する可能性があります。
ユーティリティのオーディオ装置から「機器セット」を作成し、システム環境設定のサウンドから作成した機器セットを選択する事で問題が解消する場合があります。
詳細はAppleサポートページ(英語)をご確認ください。