資料共有機能を使う

最終更新日:

資料共有機能では、あらかじめ管理画面でアップロードした資料をルーム内で共有することが可能です。
※Meetingに会議参加者全員が操作可能な類似の機能がありますが、Salesにおける資料共有機能は企業ユーザーからゲストユーザーへの単方向機能となります。
ゲストユーザー側からは操作を行う事が出来ないためご注意ください。

事前準備

まず、あらかじめ共有する資料をアップロードします。
メニューの資料より、【資料をアップロード】を押してアップロード画面を開きます。

 

「資料を選択する」からパソコンに保存されているPDFファイルを選択し、
【アップロードする】をクリックしてください。

共有した資料は会議後にダウンロードしてもらう事ができます。
会議後にダウンロードする場合はダウンロードURLを共有することになりますが
特定のメンバー以外に資料をダウンロードされて困る場合、
資料にダウンロードパスワードを付与する事も可能です。
「パスワード」を「ON」に切り替え、設定するパスワードを入力して下さい。

資料共有を行う

画面下部にある【資料共有】ボタンを押下してください。

ファイル選択画面が表示されるので、共有するファイルを選択してください。

指定したファイルで問題無い場合は【共有する】ボタンを押下してください。

共有する資料が一度表示された後、画面共有の選択ウィンドウが表示されます。
「Chromeタブ」を選択し共有する資料のファイル名を選択してください。

選択後【共有】ボタンを押下すると共有が開始されます。
※Firefoxを使用している場合、当該ウィンドウの表示が異なります。次項の「Firefoxの場合」をご覧ください。

資料共有を終了する際は、Sales画面の下部にある【資料共有を停止】ボタンを押下してください。

Firefoxの場合

Firefoxにてご利用いただく場合資料共有ファイルを選択した後に資料共有ウィンドウがアクティブになりますが、一度Sales画面に戻ってください。

共有画面の選択ウィンドウが表示されるので共有する資料のファイル名を選択してください。

ファイルを選択後、【許可する】ボタンを押下してください。
※セキュリティの確認メッセージが表示される場合があります。

【アイコン説明】

※Meetingと異なりゲストユーザーは共有した資料をダウンロードする事ができないため、ダウンロードする必要がある場合はURL共有をご利用ください。

メモ機能について

メモ機能を利用すると、メモの内容を会議中や会議後に確認・ダウンロードする事が出来ます。
※会議中に複数のファイルを資料共有した場合でも、同一会議内であればメモに記載された内容は引き継がれます。
ファイルごとにメモが残るものでは無いためご注意ください。
※ゲストユーザーは直接メモファイルをダウンロードする事ができないため、別途メール等の手段でファイルをお送りください。

①テキスト入力欄です。Salesでのメモ機能については企業ユーザーのみ入力が可能です。
②保存ボタンです。メモの内容が確定したら忘れずに押下してください。
③ダウンロードボタンです。入力したメモをテキストファイルとしてお使いのPCにダウンロードする事が出来ます。